FC2ブログ
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

sunny day

Author:sunny day
2009年1月に出産し、こどもが1歳の時に職場復帰しました。
お仕事はもちろん、子育てとともにおうちの事をもっと楽しみたいと思っています。
栄養士免許あり、食に関する事が大好きです。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランドセル到着と、「ママ、お仕事するの?」

2015.02.16 01:14|child
久しぶりの更新になりました。

先日、ランドセルが到着しました。


来年、土屋鞄でランドセルをお買い上げになるご家族へのサプライズを無くすのも申し訳ないので、納品状態はあまり写真ではお見せしないように致します。
ブレブレの上の写真で感じて頂ける方もいらっしゃると思います。
納品時も期待を裏切らない、土屋鞄さんらしい丁寧さ愛情を感じました。

子供の嬉しそうな顔といったら。
翌日も、箱から出して、撫でてました。
今朝も、気づいたら、背負ってテレビ見てました。

子供を授かれて良かった。親になれて良かった。
そんな感情を抱かせてくれました。

そんな子供、今日、二人でお稽古からの帰りの玄関で。
「ただいまー。あ、小学校の帰りみたい。ねぇママ、僕が小学校に行っても、お仕事するの?」
「(突然の質問に焦りつつ)んー、どうしようか考えているところなんだけど、どうして?」
「ママが楽チンで居て欲しいから」
「楽チン??」
「ママ、お仕事が大変でしょう?お仕事しなかったら楽チンでしょう?」
「まぁ、そうだけど。今はどう?」
「今日はお休みだから楽チンそう。いつもはお仕事で楽チンじゃなさそう」
「んー、例えばお家でお仕事してたらどう?」
「それならいいよ」

小学校入学を前に、働き方を変えたい相談は、既に上司に相談済。
退職を覚悟して話したところ、「なんとか続けられる方法を探しましょう」と、有り難い言葉を頂きました。
けれど、色々な環境や前例の無い話で、中々進まず。

金銭面では、絶対働き続けたほうが良いのですが、我が子の特性を考えると、やはり家に居てあげたほうが良さそう。
以前感じたこの直感は、今でもやはりブレません。

入学式まで、2ヶ月を切った今。
良い方向になるだろうと信じて過ごしますが、突然子供が自分の気持ちを伝えてくれたので、ブログに残しておこうと思いました。

諸先輩方、この時期に悩まれた方も多いのだと思います。
いわゆる、小1の壁ですね。

子供にとっても親にとっても一生に一度しかない、小学校入学。
良い形で寄り添ってサポートしてあげられればと思います。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

ハピタス。
電報、Amazonや楽天での買い物など、このサイトに登録してからのご利用がオススメです!
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス





スポンサーサイト

ランドセル 購入しました!

2014.09.11 09:35|child


昨日の午後、半休をとって向かったショップで、ランドセル、注文しました。

父やおばあちゃまが、あれこれ勧めるなか
本人の「コードバンがいい」の気持ちは全く揺るがずに、あっさり決まりました。
一応、あれこれ背負ってみましたが、本人的にはしっくりきたのはひとつだったようです。
すべすべした感触も気に入ってるようで、でも、その感触を保持するには、ぶんなげたり、道路に置いたりと、男子ならでは容易に想像できる数々の取り扱いでは無理なんじゃない?と、既に入学後を憂う母です。

お店は、土屋鞄製造所。西新井の本店でお願いしました。

私もこちらの長財布を使用していて、品質面でも納得していますが、
数あるランドセルでこちらに決めたのは、製作過程を子供に見せられるから。

お店は工房と繋がっていて、子供も大人も職人さん達がランドセルをつくる
現場を間近に見ることが出来るのです。
まだ薄らぼんやりとしか分からない年長さんでも、自分のランドセルはこうやって作られてるんだなー、と、職人さん達の様子を頭の片隅に残してくれたら、と思います。

そして、ランドセルにはじまり、モノを大切に思う気持ちや、見えないけれど様々な人のお陰でモノが生産され自分が使う立場である事を知るきっかけになれば。



男子のこだわりは、せいぜい色でしょうか。
会社の同僚のお子さんで、池田屋さんのシルバーのランドセルをつかう男子がいますが
2年生の今も、シルバーの部分も含めてびくともしないとのこと。
また、中が丸洗い出来るそうで、これは男子の母なら強く惹かれるポイントですよねー。
何入れて帰ってくるか、分からないし(苦笑)


あと、黒を買ったあと、シルバーのランドセルカバーを掛けっぱなしで使っているお子さんも居られるそうで、シルバーとベーシックカラーで悩む場合は、これはナイスアイデアですよね。


ナイキのランドセルも、中々の注目株です。


女子は、もう全然違いますな。

鞄工房山本さんの、お花モチーフ
神田屋鞄製作所で、パステル調のパイピングや内側にピンクの柄を使ったオーダーメイド。
もー、何軒も見てこだわりをかなり盛ってる感ありで、ラブリー。

男子のお買い物って、やっぱり夢が無いというか。ま、さっぱりしてて良いですけれど。

土屋鞄をご検討の方は、行けるのであれば平日に本店で、はオススメです。
店前に駐車スペースはありますが、平日でもすぐにいっぱいに。
最寄り駅からは近いので、舎人ライナーもオススメですよ。
20140911090331e12.jpg

職人さんのお顔が写るので店内の撮影は控えましたが、素敵な工房でした。
絵本があるキッズスペースもあり、店外にトイレも。
安心して行けるお店です。

なお、2014/9/10にオーダーし、受け取り予定は2015/2/1〜28とのこと。
これは、素材やカラーによると思います。
全額前払いですが、控えを見たら代引きも出来そうでした。

あー、ママもこの位の金額のバッグ、買いたいなー。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

ハピタス。
電報、コンタクトの購入や不要な本の買取、楽天での買い物など、このサイトに登録してからのご利用がオススメです!
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス





2015年入学 男子のランドセル

2014.09.10 09:38|child
もう9月。
子供の就学まで、まだまだと思っていましたが、8月になると、同級生のママや2年生男子のママである同僚から「ランドセルどうした?」との確認が度々。

本人とは何度か色の確認はしており、前は「銀」とか「赤」とか、スーパーヒーロー的な色を口にしていましたが、最近は「やっぱ黒かなー」とほぼ固まったようです。

ふと、ランドセルショップのオンラインストアをみて見ると、確かに色や素材によっては「受注受付終了」の文字が…

さすがに、お安くないお買い物、納得して選ばせたいと思い、主人と都合を合わせて今日の午後半休にして、お店に向かうことにしました。

子供は小柄なので、クラリーノの軽量に惹かれる私。
皮見本で「コードバン」がいい!という息子。
「俺もコードバンだった」と主人。
同行するおばあちゃまは如何に。

さて、どれに決まるか楽しみです。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

ハピタス。
電報、コンタクトの購入や不要な本の買取、楽天での買い物など、このサイトに登録してからのご利用がオススメです!
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス



大反省。「ママが怒るのいやだからね、えらくなることにしたの」

2014.02.26 00:59|child
寝不足になりそうだけれど、当日中にブログに残しておきます。

昨日は久しぶりに、保育園で朝のお別れのときに大号泣。
特に思い当たるふしもなく・・・。

そして今日。
朝のお別れのとき、何回も抱きついてきて「あと2回!」と言われながら、ぎゅっとだきしめたら、作り笑顔で「いってらっしゃい」「頑張るよ!」と言われました。切なかった。

夕方のお迎えの時。
子供が作ったおもちゃ(ミカンのネットを丸めて、リンゴの形にしたもの×2つ)を、他のお友達が欲しい、と強調。本来、自分で作った物なので持って帰って良い、との先生のお言葉でしたし、本人も「だめ!」と言い張っていましたが、私がつい「お友達にあげたら?」と言ってしまいました。最初は抵抗していましたが、そのうち自分から「はい」とお友達に二つともプレゼント。先生も「優しいね」とほめてくれて、私も「偉いね。お兄さんだね」と褒めました。
「偉い?」と、私に確認すること10回くらい。その度に「うん、とっても偉いよ」と返事していました。

夕飯も、メニューが気に入ったのか(豚そぼろの2色丼)いつもの数倍速く食べ終わり。

またまた、「偉い?」と何度も確認され、「うん、とーっても偉い!ママ嬉しい」と言っておりました。

その後入浴。昨日は日中の公園で転び膝小僧を怪我したため、入浴時は大騒ぎでしたが、今日は自分で絆創膏をはがし、浴槽にもちゃぽんと入る。

なんだか今日は、気持ちが悪いくらいに良い子だな。
入浴終了後、着替えながら「いつも良い子なんだけれど、今日は特別だね。ママ嬉しいけれど、どうして?」と直球に聞いてみました。

そして本人からの返事がタイトル通り。
「ママが怒るのいやだからね、えらくなることにしたの」と笑顔で。

叱ったとしても、なるべく感情に任せて怒らないように、と心がけているつもりでも、振り返れば怒ってました。
私も小さい頃、母親から怒られるのがイヤでイヤで良い子に振る舞っていた所が強く、我が子はそうはしたく無い、という想いがあります。
はぁ・・・。自己嫌悪。大反省しました。

「がんばってくれて嬉しいけれど、ママも怒らないようにするからね。怒ったら、「嫌だよ」って言っていいからね」
上手く言えなかったけれど、こんな言葉で伝えました。

それと「今までもこれからも、ずっと大好きだからね。怒っても嫌いになった事は無いし、しないと思うけれど、もし、いけない事をして、ママが怒ることがあったとしても、大好きだから怒るんだよ。ずっとずっと「大好き」しかないからね」と言ってみました。
すると「ほんと?ほんとに?」と。とても嬉しそうでした。


今日のお昼、別の部署の1歳半男子の外国人ママとお話する機会がありました。
私の子供は5歳、と伝えると「いいなー」と。
一緒にいた独身男性も「よく3歳くらいになると、ずいぶん楽になるとか言いますよね」との言葉に「1歳半なら1歳半なりの大変さ、5歳なら5歳なりの大変さがあるよ」なんて、笑って返事しましたが・・・。

子供の成長に、母の成長が追いついてないことを実感した日となりました。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

反省。怒ってしまいました。

2013.09.02 00:40|child
タイトル通りです。
叱ったのでは無く、怒ってしまいました。

文字にすれば、なんでそんな事に感情的になったのかと思う位で。

彼なりには悔しくて、怒りまくって主張していた事を、私が受け止めてあげれば良かったのに、「なんで、ママはこんなに頑張ってるのに」という無理が積もっていたのでしょう。


「ママ、怒っちゃってごめんね。今日はママが悪かったと思う。本当にごめんなさい」
何度も伝えました。

「ママ、なんで何回もごめんね言うの⁇」
素朴なツッコミ。

今日、怒らなければ1週間「怒らない」達成だったのに残念。
また明日から、怒らない叱らない否定しない接し方を頑張ります。
………

土日は主人が仕事、特に日曜日は早朝から出張に行ってしまい、終日2人。

土曜日のうちから「日曜日は何する?」と、楽しみにしていたので、要望通りに遠くの公園を2件はしごし、図書館で大好きな恐竜の本を返しながらまた別のを借りて、というお出かけ。

帰宅後は、速攻シャワー。
伸びた髪を、iPodで「バグズライフ」を見せながらチョキチョキ。
おやつを食べて、レゴブロックで遊び、今週のアンパンマンを見せてる間に夕飯を作り、食べて20時には就寝。

朝ごはんがボリュームミィで遅かったせいと、あまりの暑さで食欲が二人ともなく、初めて昼食抜きに。

食欲旺盛なお子さんなら、考えられないかも知れません。
水分補給と、保冷剤と一緒に持参したゼリーで、テンション落ちる事なく遊び続ける我が子。
(もちろん、お昼にしよう、と何度も言ったんですよ)

その分、帰宅後のフルーツや夕飯も良く食べて。
普段、食が細く食べるのが遅い我が子ですが、お腹が空けば食べるんだなー、と妙な安心感。食事を抜くなんて、初めてですから…
母親失格感たっぷりだったのですが、またひとつ肝が座るネタになりました。

夕食時、また言われました。
「ママとずっと一緒に居たい。保育園行きたくない」
「保育園じゃなくて幼稚園行きたい」(ほんとに違いを理解してるのか不明)
「ママ、お仕事辞めて」

長い間、泣きながらいうだけ言って、私が「うん」と言わないのを分かって、言うのを辞めましたけれどね。

ツライです。


にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。